読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活のもろもろ

何でもない生活のもろもろを

腕時計のお手入れ

身につけるもろもろ

f:id:yorunotsuki:20160519170608j:plain

こんな予定ではなかった。

ステンレスピンチハンガーの繋ぎ目部分などの黒ずみは、少し前から気付いていた。洗濯物を取り込んだ今日、急に綺麗にしようと思い立ったのが始まりだった。

いつも腕時計のベルト部分の黒ずみを取る時、台所洗剤を溶かした水の中で、ベルト部分だけを振り洗いするという、友人に教わった方法でお手入れをしていた。

ピンチハンガーも似たようなものだと考え、洗面台に水を張り、台所洗剤を入れた中で振り洗いをしてみた。

全く綺麗にならない。

これは長期戦になるかもと、つけ置きを試みるも、全く変わらず。

ブラシやメラニンスポンジで擦ってみたら、少し黒ずみが落ちる。

しかし、時間はたくさんあるが、そんなちまちました事を延々する程の気力は、今日のところは持ち合わせていない。持ち合わせる日が来るのかすら、怪しいものだ。


重曹はどうだろう。 練った重曹はより効果がありそうだが、ちまちまする気力が…。

まずは重曹を溶かした水で試してみることにした。

ここら辺で既に当初のやる気はだいぶ削がれている。

という訳で、まずは手軽に小さいものから試してみる事にした。   腕時計だ。


効果を確認するために、先程と同じように、いつもの台所洗剤を溶かした水の中で振り洗いをしてみる。

少し黒いカスが沈んでいるのが見える。

よく水洗いをしてから、いよいよ重曹水。

ぬるま湯に重曹を溶かし、冷めるまで待ってから家人のも一緒に浸してみる。

30分待ってみると、洗剤より黒いカスが出ている。

f:id:yorunotsuki:20160519171950j:plain

台所洗剤でお手入れした後の重曹なのに、汚れが落ちたので、少し希望が出て来た。

しかし皮脂よごれとは違うと薄々わかっているので、果たしてピンチハンガーの黒ずみが落ちるのか、一抹の不安が残る。

途中削がれた気力はほとんど残っておらず、希望も薄い為、本来の目的であったピンチハンガーのお手入れは、思いがけない腕時計のお手入れでお茶を濁す事に。


浸すだけ、振るだけで落ちる方法はないものだろうか。