読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活のもろもろ

何でもない生活のもろもろを

衣類の選別

身につけるもろもろ

過ごしやすいこの数日。少し衣類を整理している。秋冬物で手放す物を選別。

それまでも厳しく選別してきたつもりだったが、溜めない生活を意識し出してからでは、違う視点で残す物を選ぶようになっているので、リサイクルショップに持っていく物が毎回ちらほら出てくる。

高かったから、思い出があるから、世間の定番だからなど、そんな言い訳みたいな理由で、今までの選別をくぐり抜けてきた衣類が対象になっている事が多い。

余談だが、ショップを利用するようになり、買取額の低さに私の言い訳なんて、ほとんど反映されないものだと思い知らされた。どれだけ大切にしていても、苦労して手に入れた物だとしても、それは関係のないこと。店頭に並べばそんなこと全く関係ないのだ。一度でも使用すればそれは中古になるのだ。高く購入した物でも年数が経てば価値は変わるのだ。他の物より高額で買い取ってくれたとしても、買った金額には到底及ばない。



新しい基準で手放し始めて季節が一巡した今、また少し選別する基準が増えた。

似合わない洋服が出てきたのだ。今まで好んで着ていた服を着て鏡に映る姿を見たとき、違和感が。特に首回りが空いているトップスが。更に色。黒や紺が似合う似合わない関係なく好きだったのに、最近は明らかに似合わないと感じるようになった。沈む感じというのか。恐らく首回りのスッキリ感がなくなってきている事と、ハリがなくなってきている皮膚感の為と考えられる。

体重の増減だけではないんですね。それまでの洋服が着られなくなるって。


というわけで、今回の選別は首回りが開いているトップスが対象。

色の違和感はもう少し様子見。違和感があっても着用していて落ち着く色だし。難しいところ。



ちなみに人に譲ることは滅多になく、ほぼお店に買い取ってもらいます。 友人宅に押し付けて、自分の家だけスッキリさせている感がしてしまい、気がひけるからです。喜んでくれるのですが。


ご覧いただいている機器によってはどうしてだか、所々意図していないのにフォントが大きくなってしまう箇所が出てくる事があります。

今回の記事にもありますが、特に強調したい内容ではありません。なぜかそんな事になってしまっております。読みにくくて申し訳ありません。